ローソク足チャートの包み足で何に気をつけるのか?

今回はローソク足チャートに現れる「包み足」についてです。

包み足(または包み線ともいう)とは前日のローソク足の実体部分を今日のローソク足の実体がまるまる包んでしまっている状態の足になります。陽線でも陰線でも包み足といいます。

 

包み足で気を付けるのは

  • 高値圏での包み足陰線
  • 安値圏での包み足陽線

になります。

高値圏で前のローソク足を包む陰線が現れると反転するケースが多くなります。

逆に安値圏で前のローソク足を包む陽線が現れるとそこから反転しやすくなります。

高値圏かどうかの判断は、それまでの株価の流れを見るようにします。

上のチャートでは3/9に2/10の高値に挑戦していますが結果包み足となっています。そしてその後下落しています。2/10はそこまでの高値となりますので高値圏と判断します。

また株価が急騰して、チャートの左側に参考になる高値がないという場合はどこで包み足がでても注意をしたほうがよいでしょう。そのまま保有していて一時的な押し目で終わればよいですが、そのまま急落してしまっては目もあてられません。

この包み足のパターンは信用度の高い買いサイン、売りサインになりますし、わかりやすいので覚えておきましょう。


チャートをよく見ると包み足ってけっこう出ているんですよね~

 

株や為替に本気で取り組む人に読んで欲しいレポート

なぜ今、総理がこんな発言をするのか?トランプさんやプーチンさんの動きにはどういう意味があるのか?そしてその動きをもとに我々投資家はどのように先回りすればよいのか?

私はこのレポートを読むようになってから劇的にニュースを見る目や相場を見る目が変わりました。

どんなものかはこちらの記事を参考に見てみて下さいね↓

レポートを書いている時鳥(ほととぎす)さんって何してる人? ご本人によると、 ■元政策担当秘書(国会議員政策担当秘書資格試験合格...

関連記事

相場の反転や初動を知る!RSIの使い方

ローソク足チャートでの天井のサイン

信用買い残評価損益率で株価の天井と底を見分ける方法

日経平均株価(日経225)と移動平均線の乖離率に注目!

NO IMAGE

ローソク足チャートの上ヒゲの意味とは?