2月22日株式分析

①適時開示情報で気になるもの

3793 ドリコム

②新興市場の初動
(5日移動平均線を上抜け&出来高率が高い&チャートの形で気になるもの)

3267 フィルカンパニー 青天井入りするかどうか
3475 グッドコム 1つ目の節目クリア
3969 エイトレッド 節目戦

③リスク少なくテンバガー期待
(IPO&チャートの形で気になるもの
ヨコヨコorUW底など)

3974 ティビィシィ
3475 グッドコム
3548 バロックジャパン
6535 アイモバイル
3546 ダイユーリック
3936 グローバルウェイ
3537 昭栄薬品
7781 平山
2586 フルッタフルッタ
4978 リプロセル
3927 アークン
6189 グローバルグループ
6185 ソネットMN

④出来高急増からの初動
(出来高急増した中で気になるもの)

4575キャンバス

3935エディア
4591リボミック

2191 テラ
6239 ナガオカ

⑤大口の玉集めチェック
(値上がり率上位で気になるもの)

特になし

株や為替に本気で取り組む人に読んで欲しいレポート

なぜ今、総理がこんな発言をするのか?トランプさんやプーチンさんの動きにはどういう意味があるのか?そしてその動きをもとに我々投資家はどのように先回りすればよいのか?

私はこのレポートを読むようになってから劇的にニュースを見る目や相場を見る目が変わりました。

どんなものかはこちらの記事を参考に見てみて下さいね↓

レポートを書いている時鳥(ほととぎす)さんって何してる人? ご本人によると、 ■元政策担当秘書(国会議員政策担当秘書資格試験合格...

関連記事

NO IMAGE

2/23株式分析

2月21日株式分析

2月24日株式分析