投資で勝ちたいならまず止めること!


投資で勝つ方法を知りたいというのは多くの人が思うことです。
ですが逆にこれをすると勝てないという方法を知っていれば、それを避けることで勝つ方法と同じかそれ以上の効果が見込めます。
今回はまずこれはやめておこうというものを取り上げていますので見ていきましょう。

投資で勝ちたいならまず負ける方法?

投資で勝つことは簡単です。100万円運用している人で年に100万円以上勝っている人も多いはずです。ただし、負けも同じくらいかそれ以上という人が多いのも現状です。

100万円勝っていても150万円負けていればトータルでは50万円のマイナスとなってしまいます。では100万円の勝ちを150万円や200万円に増やせばいいじゃないか!という方もいますし、勝つ方法をずっと探す方もいるかとは思います。

ですが、トータルで見たときにはマイナスを減らせば結果的にはプラスが増えますし、労力としてもそのほうがはるかに簡単で、早いです。

また、マイナスが減るとイライラしたり、そわそわしたりということも減りますし、毎年のトレード結果も安定しますのでメリットは大きいです。ではどのようなことを避ける必要があるのかをみていきましょう。

ナンピンをしない

ナンピンというのは買い値から下がった時に追加で買ったり、売値から上がった時に追加で売ることです。平均取得単価を下げる効果を見込んでするのでしょうけど、よほどの玄人以外は止めましょう。

ナンピンは自分の負けを認めないということですし、相場の流れに逆行する行動になります。とてもリスクが高まりますし、大きな損害のもとになります。

ギャンブルをしない

ギャンブルというのはそこに賭ける明確な理由はありません。理由を聞いても「なんとなく」とか「ただの勘」とか「たまたまうまくいった」ということが多いでしょう。

投資をそのように運任せでするギャンブルと同じように考えてはいけません。理由があって期待値の高いところでトレードをする必要があります。

一発逆転狙いをしない

1つのトレードに大きな資金を投入して一発逆転を狙うトレードです。負けが続いたりすると一気に取り返そうとしてしてしまう人もいます。その期待通りにうまくいけばよいのですが、そうならないことは多いですし、その場合の損害は甚大になってしまいます。

 

まとめ

今回紹介した3つに関して「まずやらない」と決めることが大事です。ここをダラダラと決めずにいってしまうと負け組からなかなか抜け出せなくなってしまうでしょう。まずは負けない状態を作れるようにしてみましょう!


トレード日誌などをつけて自分が負けた理由をつけていくのも有効ですね。
そして同じことを繰り返さないようにしていくと負けはグッと減ります。

 

株や為替に本気で取り組む人に読んで欲しいレポート

なぜ今、総理がこんな発言をするのか?トランプさんやプーチンさんの動きにはどういう意味があるのか?そしてその動きをもとに我々投資家はどのように先回りすればよいのか?

私はこのレポートを読むようになってから劇的にニュースを見る目や相場を見る目が変わりました。

どんなものかはこちらの記事を参考に見てみて下さいね↓

レポートを書いている時鳥(ほととぎす)さんって何してる人? ご本人によると、 ■元政策担当秘書(国会議員政策担当秘書資格試験合格...

関連記事

株で儲けられる人と儲けられない人の違い

株式投資で必要な知識~勝てない理由はここにある

不祥事を起こした会社の株を買う戦略で注意すること

NO IMAGE

株価の天井の見分け方は?チャートの形だけではない!

NO IMAGE

上昇トレンドでのオーバーシュートはなぜ起こるのか?

NO IMAGE

株価の底値の見分け方。実はサインが出ていた。